DELTA Fenice105 ドライ用カーボン型プレテスト

DELTA Fenice 105 ボディパーツを
童夢との共同開発によりドライカーボン化計画の続報です。
第1弾はフロントバンパーを形状変更しドライカーボン用の型を製作。
このカーボンクロスのみで成形した型を童夢のオートクレーブ窯にて本番さながらに5時間掛けて130℃に加熱&加圧!
このプレテストで型の気泡など不具合を出しきり修正して初めてドライ用の型が完成します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です