DELTA Fenice 105 ドライカーボンバンパー完成

童夢との共同開発によるDELTA Fenice 105ドライカーボン化計画もついにカタチが見えてきました。
童夢でのドライカーボン成型第1弾フロントバンパーと第2弾のフリックBOXが焼き上がり先日、畑野自動車様に納品されました。

フロアパネル先端には路面との接触にも耐えれるようケブラー繊維をプライし、フロア全体にも補強材をサンドしたにもかかわらず重量は6.5㎏に抑えることが出来たのは童夢の技術力が有るからこそです。

このあとリアウィングもエボリューションタイプに変わりドライ化されますので、ご期待ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です