バリアフリーとは何か

段差がなくなることでどうなるかを考える

バリアフリーにすることで、部屋と部屋の境目の段差が無くなり、スムーズに行き来することが出来るのは大きな利点であると言えます。
しかし、場所によってはかえって不便さを感じることもあるので注意が必要です。
例えば玄関ですが、日本では玄関で靴を脱ぐのが一般的ですので、この玄関と廊下を分ける段差があると思います。しかしこの段差を上るのが大変だということで、この段差の高さを5cmまで下げたとすると、どうなると思いますか?
実はこの段差は、腰掛けて靴を脱いだり履いたりするのにも使われてますので、段差が低くなるとそれが出来なくなるという落とし穴があるのです。
この腰掛け分の段差は必要だということであれば、スロープをつけて車椅子ごと廊下に上がれるようにした方が便利なので、その辺りは事前に確認しておきましょう。

車椅子の生活を前提に計画を進める

今はまだ歩くことが出来ても、この先どうなるかは分かりません。
また、不慮の事故で歩くことが困難になることは、高齢の方に限らず誰にでも起こりうることです。
これから新築の家を建てられる時は、将来のことも考えて、バリアフリー住宅にした方が、色々な面で安心かと思います。
ご高齢の方に限らず、部屋と部屋の間の段差は無い方が歩きやすいですし、手すりがある方が、少し体調が悪い時にも役に立ちます。
そして車椅子の生活になることを考えると、廊下は広めに設計し、介護者も並んで歩くことを想定した方が良いでしょう。実際に車椅子に乗って疑似体験すると、より分かりやすいのではないでしょうか。
あらゆる場面を想定して、専門家のアドバイスを受けながら、快適に暮らせる家造りを目指してください。


▲ TOPへ戻る