浴室やトイレをバリアフリーにする時の注意点

浴室のバリアフリー

浴室をバリアフリーにする場合、一番の注意点は、ドアと浴槽です。
ドアは車椅子が入れる程度の幅を確保することと、入浴時に倒れたとしても救助をする人が外から簡単に中に入れるような仕様に変えることが必要になります。
さらに、洗い場から浴槽に入る際の高さも注意しましょう。浴槽の高さによっては、洗い場からまたいで入ることが困難に感じることもあります。個々の身長にもよりますが、ショールームに行ってみて、どのようなものなのかご家族で体験してもらうのも良いと思います。
ご両親と身長が同じくらいであれば、ご両親の代わりに体験できますし、お子さんが小さければ、一緒に入浴されることを想定した方が良いので、お子さんも一緒に行かれると、より分かりやすいかと思います。

トイレのバリアフリー

トイレのバリアフリーで、まず考えるべきことは、浴室同様にドアの幅と形です。
ドアの幅は車椅子を意識し、ドアの形状も引き戸がいいと思います。
最も注意するべき点は、トイレ内の面積です。車椅子に実際に乗ると分かるかと思いますが、トイレ内で車椅子が回転できるほどのスペースがないと、とても窮屈に感じますし、一人で使用するのが困難になります。
ですので、浴室同様にトイレのリフォームでも、ショールームに必ず足を運ぶようにしましょう。カタログだけを見て選ぶようなことは避けた方が良いと思います。
トイレの介助は、出来るだけ避けたいと思われる方の方が多いと思います。なるべく自分で済ませたいと思いますので、念入りに確認して不自由がないように設計してもらうと良い空間が出来上がるのではないでしょうか。


▲ TOPへ戻る